Ken-go!

アクセスカウンタ

zoom RSS Olympiadorf -その1-

<<   作成日時 : 2007/10/09 06:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


そう、以前から気になっていた。

オリンピックタワーから見渡せる、テニスコートの向こうにそびえる巨大なコンクリートの建築物群。

ミュンヘンオリンピックに関しては、ほとんど何の知識もない。
しかし、1972年の開催当時、それらの建物は選手村として使用されていたこと、その一角で悲惨なテロ事件があったことくらいはなんとなく知っていた。これを題材にした映画も近年公開されているので、知っている方も多いかと思う。

そんな暗い歴史を持つミュンヘンオリンピックの選手村。
タワーから見下ろしている限り、その無機的で無表情なコンクリートの巨大建造物群は、どことなく時代に取り残された「前近代的モダン」といった印象だ。
またそれは、あの有名な長崎の廃墟、「軍艦島」をも僕に思い起こさせる。

そういったイメージが重なり合い、僕の中でこのミュンヘンオリンピック選手村(Olympiadorf)は、とても暗く重い印象を伴いながら、それでいてしだいに強い興味を抱かせる存在になってきていた。

そんなOlympiadorfがいま、どのようになっているのか、この目で見てみたくなった。
そして、何の予習もしないまま、ふと日曜の夕方、歩いてみることにしたのだ。

(つづく)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
Olympiadorf -その1- Ken-go!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる