Ken-go!

アクセスカウンタ

zoom RSS つづけて妄想 - Panda

<<   作成日時 : 2012/01/16 06:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


いとしのPanda号。

言うまでもなく、彼も現在お留守番中。

1999年に中古で購入してから、すでに13年め。
走行距離も12万kmを超えているけど、なんのその。
これからもずっと、我が家の一員としていっしょに暮らしていく予定。

画像


イタ車というと、ことその維持については否定的、または自虐的なニュアンスのもとに語られることが多いけれど、それほど壊れたりしないもんだ、というのが、率直な感想。

とくにこの初代Pandaの場合、壊れようにも、構成されている部品そのものが非常に少ない。
しかも、どれもかなりローテクな部品ばかり。

だから、意外と気楽に気軽に、日常のアシとして使えるのだ。

といっても、そろそろ、いろいろとリフレッシュしてあげたい部分がでてきているのも事実。
機械を好調に保つには、やっぱり、「使い続ける」ことがいちばん。
いまは「長期保管」状態だから、いずれ再稼動させるにあたっては、それなりに整備してあげようと思う。

画像


まずは、整備、というより、「修理」。
クーラーが、数年前から再び効かなくなっている。

あの、おそろしい日本の夏。
毎日使うには、やはりクーラーは欠かせない。

クーラー修理は、金額がかさむ場合が多いので、目下いちばんの悩みポイント。

画像


エンジン、足回り系統については、致命的なトラブルは抱えていないはずなので、通常の整備でじゅうぶんだろう。
O2センサがときたま駄々をこねるようになってきてるので、これは交換かもしれないな。
あとは、Pandaの弱点、ドライブシャフトブーツ。

画像


内装。これは、正直、きたない・・・。
運転席シートにおいては、おしり部分の生地がすりきれつつある。
いずれお金がたまったら、内装一式、まとめてリニューアルしたいところ。
手回しぐるぐるのサイドウインドウも、動きがシブくなってきているので要点検。
さもないと、いつ、ぐるぐるレバーがポキッといくかわからない。

画像


外装、ボディもここ数年、それなりに劣化が進んでいる。
塗装の艶もだいぶひけてきている。とくにリアハッチがひどい。

遠い将来、全塗装したいところだけど、少なくともあと10年はこのまま、適度にヤレた状態で維持していこうと思う。
Pandaには、新車のような「輝き」はあんまり似合わないしね。

画像


これは、去年ローマで見かけたバンタイプ。
乗りっぱなしのホコリまみれだけど、このくらいの風情がPandaにはお似合いだ。

ということで、クーラー修理以外は、当面、そんなにお金はかからないだろう。

内装の総リフレッシュをどうするか、ここが妄想ポイント。
いろんなクルマを見て、じっくり考えよう。
Pandaらしく、小粋なセンスでまとめたいもの。

そして10年後のボディ全塗装。
これまた、考えるのがたのしい。
さて、何色にしようかな・・・。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
つづけて妄想 - Panda  Ken-go!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる