Ken-go!

アクセスカウンタ

zoom RSS 師走。

<<   作成日時 : 2014/12/21 01:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


しばらく忙しくしていたら、もう12月も半ばを過ぎた。

今月始めは、一週間ほどドイツに行ってきた。
一年以上行ってなかったので、久しぶりのドイツだ。
12月のドイツといえば、クリスマスマーケット。
時間を見つけて、ちょっとだけ行ってみた。

画像


相変わらず、キレイなこと。
とにかく、光の使いかたがうまい。
いや、光と影の使いかたが、うまい。
明るくて派手ならいいってものではないということを、よーくわかっている感じだ。
何事にも、光と影は必ず対として存在するものだ。
どちらかだけ、ということはありえない。

画像


Stuttgart市役所の窓は、例年通り、アドベントカレンダーになっていた。

日本では、このところすっかりLEDが普及して、いくつもの色がピカピカチラチラと街で光っているけれど、こちらではあくまで色の種類は控えめ、暖色系の単色路線で勝負だ。
ぼくは、こっちのほうが好みだなぁ。

画像


グリューワインで、ほっこり暖まる。

画像


話は変わって、写真のカメラ。

もう8年ほど前、えい坊が一目惚れした勢いで買った、ライカ「C-LUX 2」。
ライカといっても、知っている人にとっては常識だけど、中身はパナソニックそのままの「着せ替えモデル」のような機種。
そのくせ、ベースモデルと較べたら、びっくりするほど高い値段がついていた。
だけど、あの赤いロゴマークとすっきりしたデザインにやられて、えいやあ!と買ってしまったカメラだ。

そのカメラが、壊れた。
撮る写真には必ずレンズの中に入ったゴミが写り込むようになり、レンズシャッターはまともに閉まらなくなり、さらに、背面の液晶パネルがスーツケースの中で盛大に割れてしまったのだ。

カメラ屋さんに持っていき、修理の見積もりをとってみた。
届いた見積もりは、レンズユニットと液晶の交換で、3万5千円。

さ、さんまん、ごせんえんっ !!

・・・立派な新品のカメラがじゅうぶん買える金額ではないか。

画像


当然、ココロがぐらぐらぐらついたけれど、ぼくは、修理をお願いした。

・・・バカだ。

何を好き好んで、時代遅れのデジカメにそんな大金を払ってわざわざ修理するのか。
進歩目覚ましいデジカメ界において、8年落ちといったらそれはもう骨董品レベルの性能なのに。

だけど、これでよいのだ。
気に入ったモノは、手入れして、修理して、愛着をもって永く使うのだ。

出番は多くないけれど、このカメラは気に入っているものだ。
それなのに、それをぞんざいに扱っていたぼくが悪い。

だから、これは授業料なのだ。
気に入ったモノは、手入れして、修理して、愛着をもって永く使わなければならないのだ。

修理から戻ってきたライカは、なんだか以前より輝いて見えるから不思議だ。
直した部分以外は何も変わっていないはずなのに。

画像


大寒波がやってきたということで、まだだいじょうぶと思いながらも、一週間ほど前、冬タイヤに交換した。
交換して正解だった。この一週間はとても寒く、雪が降った日もあった。

こちらも着々と骨董品化しつつある我が家のパンダ号。
タイヤ交換ついでに、下回りをまた軽く点検してみる。
先日も点検したばかりだから、およそ察しはついているのだけど、やっぱりいろいろとガタがきている。
生き物と違って、当然ながら自然治癒などしないので、先日見つけた不具合はやっぱりそのままだ。

画像


普段はえい坊が通勤に使っているので、僕自身が乗る機会はめっきり減ってしまった。
だから、たまにこうして点検したり乗ってみたりするのは大事なことだ。
しばらく放っておいたうちに、ずいぶんとあちこちにガタがきている。
特に足回りの劣化具合が激しい。

画像


できるだけ早く対処したほうがいい部分もあるので、さっそくお世話になっている整備工場に。

画像


15万kmを超えた我が家のパンダ号。
いろいろガタが出てきて当然だ。

画像


いい機会なので、ステアリング、足回り、冷却系その他もろもろ、機関系を中心に、気になるところはまとめて大幅リフレッシュすることにした。
今回はエンジンも降ろしての作業になりそうだ。

部品の手配もあるから作業は年明けになるだろうけれど、再びシャキッとした走りになるのがいまから楽しみだ。

手に入れてから、早いものでもう15年以上。
生産終了してからももうだいぶ経ったので、この先は部品の確保も課題になってくるだろう。
だから、いまのうちに機関系に一度きちんと手を入れておくのは、今後のために必要なことだ。

かけがえのない我が家の一員だから、手放す気にはまったくならない。

気に入ったモノは、手入れして、修理して、愛着をもって永く使うのだ。

画像


我が家の優等生、ハイゼット号も冬タイヤに交換。

画像


こちらはまだ手に入れて2年弱だけど、こいつももう、すっかり我が家になじんでいる。
とても気に入っているし、こいつのいない暮らしも、もう想像できない。

気に入ったモノは、手入れして、修理して、愛着をもって永く使うのだ。

画像


いっぽう、我が家の至宝、356は冬タイヤになぞ交換しない。

画像


久しぶりにお日さまの下に連れ出してみたものの、この日はさすがに風の冷たさに耐えられず、トップを閉めてのドライブ。
トップを閉めれば、強力なWebastoヒーターのおかげで、真冬でも驚くほどぬくぬく快適。

356は快調そのもので、いまのところ不安要素は一切ない。
しばらくは必要最低限の手入れだけでいけそうだ。

気に入ったモノは、手入れして、修理して、愛着をもって永く使うのだ。

画像


バイクに乗るときや遠くに旅行するときに履いている、お気に入りのブーツ。
ソールがだいぶ磨り減ってきたので、そろそろソールの張り替えをしたいところ。
冬の間に、張り替えてもらおう。

気に入ったモノは、手入れして、修理して、愛着をもって永く使うのだ。

画像


コーヒー豆を挽く。
母が若かりしころ気に入って買ったという、このコーヒーミル。
おそらくもう半世紀くらい前に作られたモノだろう。
ずっしり重くて、たまらない雰囲気だ。
そして、いまもこうして、元気に現役バリバリだ。

気に入ったモノは、手入れして、修理して、愛着をもって永く使うのだ。

画像


毎日大活躍しているストーブのうえでは、けんちん汁がちょうどよく煮えたころ。
このストーブも、我が家になくてはならない、大のお気に入り。

気に入ったモノは、手入れして、修理して、愛着をもって永く使うのだ。

画像


ぼくは、たくさんの気に入ったモノと暮らすことができて、とても、しあわせだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりでーす!
Kさん、えい坊さん、お変わりありませんか?

Stuttgartのクリスマスマーケットにいらしてたんですねー(^_^)
なんかこっちは暖冬みたいで、グリューワインのありがたみも薄いな〜と思っていたら、今日はびっくり、いきなりの大雪です。

コーヒーミルもストーブもとても素敵ですね。
古いものはお手入れも大変でしょうが、大事にされて、愛着あるたくさんの物に囲まれて暮らすKさんの様子に、こちらもほっこりしました(^_^)
(ツーリング中にぶつけて流血したところは、よくなりましたか?)

またちょくちょくKさん(&軽トラ)の様子を見にきまーす。

良いお年を〜〜〜!(^_^)/

由麻
2014/12/27 20:04
由麻さん
ご無沙汰してます!
こちらは変わりなく元気にやってます。
そう、今月始めに、出張でちょっとだけStuttgartに行ったんですよ。

頭の流血はおかげさまでたいしたことなく治りました(笑)。

由麻さんのStuttgart便りも楽しみにしてますよ〜!

よいお年を!!
K
2014/12/28 22:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
師走。 Ken-go!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる