Ken-go!

アクセスカウンタ

zoom RSS にんげんどっく。

<<   作成日時 : 2007/04/08 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

わけあって、先日生まれて初めて「人間ドック」というものを受けてきた。
べつに、どこか健康を害しているわけではない。半ば強制的に受けさせられてきたのだ。

指定の病院で、朝8:30受付。受診するのは「日帰りコース」だ。旅行なら日帰りより2泊、いや3泊のほうがなおよろしいが、これに限っては日帰りでも十分すぎるほどだ。願わくば10分コースを選びたいところだ。そんなのないけど。
受付を済ませると、「人間ドック部屋」に案内され、さっそく健康センターで着るようなつんつるてんのパジャマのような服に着替えさせられる。
自慢じゃないが、ワタシは病院というものがとてもキライである。できることなら一生お世話になりたくない。何をされるかわからないので、とにかくおっかないのだ。
ましてや今日は「人間ドック」である。なんかおっかない名称だ。バラバラにされてしまいそうなイキオイのある語感だ・・・。あぁやだ。

最初は、身長と体重&体脂肪測定。これはおっかなくない(あたりまえだが)。
体脂肪は18%だった。看護婦さんに「少ないですねぇ」といわれてしまった。あまり気にしたことがないので正常値がどの程度なのかもよくわからない。

続いて、血圧と採血。今回は見事に血管をハズされてしまい、ブスっと刺したのにまったく血が出てこない。看護婦さん、あきらめずにグリグリとやっていたが、ついに観念したようで、結局、反対の腕にもう一回刺された。
まぁ、オトナなので問題ないが、ちょっとおっかなかった。

おつぎは、尿検査。出、出ない・・・。
「ここくらいまでお願いしますね」と言われたラインまで、届かない・・・。
でもダメだ・・・。ギブアップ。朝、出してきちゃったからなぁ・・・。

まあ、ここまではいつもの健康診断となんら変わりはない。楽勝だ。

聴力検査。ふふん、楽勝楽勝。余裕の笑顔である。おっかなくない。
心電図。これもべつにおっかなくない。
でも今回は一度測定したのち、3分間運動させられ、その後もういちど測定されるという新パターン!
この運動というのは、踏み台昇降を機械の発する音にあわせてひたすら繰り返すというもの。最初のうちは音にあわせて上り下りするのがとても難しく、自分でも笑っちゃうほどめちゃくちゃになってしまい、検査のおねいちゃんに内心笑われてるんじゃないかと心配になってしまった。でも、ちょっと繰り返すうちにすぐに慣れて、ばっちりリズムに乗った華麗なステップを踏むことができるようになったのでホッとしたが。

肺活量(?)検査。掃除機のノズルのようなものをくわえさせられ、大きく吸って大きく吐くのを繰り返す。「まだまだ吐けますよぉー」とおねいちゃんが応援してくれるのでつい頑張りすぎてしまい、へろへろになってしまった。

続いて眼圧測定と眼底検査。これは初体験。開いた目玉に突然「プシュッ!」と風を当てられる。これにはびっくりである。ついつい目をつぶってしまい、何回もやり直しさせられてしまった。さらに強烈なフラッシュを焚かれて写真を撮られ、ずっと残像が消えずにうっとうしかった。
まぁ、このへんはあんまりおっかなくないのでまだ余裕。

腹部超音波検査。
よく妊婦さんがやるやつね。
腹を機械でなでられる。まあ痛くはないのでおっかなくはないのだが、同じところを何回もなでられると、そこに何か問題があるのではなかろうかと若干ビビる。

そしてやってきましたバリウム検査!
初体験である。いままで、諸先輩方から、「あれほど気分の悪い検査はないね!」とか、「ゲップをガマンできるかどうかが生死を分ける」とか、「終わった後は下痢で地獄を味わう」とか、さんざんなことを聞かされてきたこのバリウム野郎、さていったい、どんなものなのか!
看護婦さんから、「前の人が終わるまでちょっと待っててくださいねぇ・・・。あ?そう?初めてなんですかぁ・・・」なんて話されている最中、「ブスッ!」と肩に注射される。痛い・・・。これ、痛い・・・。おっかない。
肩をもみもみ待っていると、いよいよ名前を呼ばれてバリウム部屋に案内される。うーん、どんな試練が待ち受けているのか・・・。ちょっとおっかないぞ・・・。
どろりんとした白い液体を飲まされる。まずい。続いて、発泡剤という顆粒を飲まされる。「おなかが膨れますけどゲップしないでください」と言われ、これがウワサの・・・とビビりつつ一気に飲んでしまう。おお!たしかに膨れる!でも、あれ?そんなにつらくないぞ。
そして、遊園地のアトラクションのような3次元グルグルマシーンに寝そべるよう指示され、言われるがまま横になる。それから、あっちむけとかケツあげろとか腹ばいになれとかスピーカー越しにいろいろな指示が飛び、言われるがまま、もぞもぞ動く。5分ほど、グリグリマシーンにまわされて、終了。看護婦さんに下剤を飲まされる。
なんだ、意外にたいしたことなかったぞ、というのが率直な感想・・・。

そしていよいよ最後の検査。
これは、かなり、屈辱的なシロモノであった。とても、ここには書けるようなものではない・・・。

最後に一気にゲッソリしたのち、昼食。この昼食は思いのほか豪華でちょっとびっくり。
昼食後、リラックスタイム〜診察と簡単なフィードバックを受けて、15時ごろ全て終了。
結果は、残念なことに一部再検査となってしまった。
というわけで明日、また検査にいかなきゃならないのだ・・・。ユウウツ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
にんげんどっく。 Ken-go!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる